Call: 0123456789 | Email: info@example.com

ポンプ機能を持たないリンパ系


体内には、血管を流れる「血液」と、リンパ管を 流れる「リンパ液」の二つの”川”があり、どちらも最終的には心臓に向かいますが、性質や役割は異なります。 血液は心臓から動脈に入り、毛細血管に至ると、 今度は静脈から心臓へと戻ってきます。主な役割は、 動脈を通して体に必要な酸素や栄養士索を細胞に届け、静脈を通して体の各部で生じた老廃物や二酸化炭素 を運び出すなどで、動脈も静脈も、心臓のポンプ機能によ って全身を循環しています。一方、リンパの働きは、しみ出した組織液中にあるタンパク質などの栄養素をリンパ管で回収し、最 終的に血液に合流させることです。また、 リンパは、老廃物や異物の侵入を防ぐ働きもします。リンパ管は血管とは異なり、常に循環しているの ではなく、心臓に向かう一方通行となっています。
血液が心臓によるポンプ機能で血管中を流れるのに対し、リンパ系には心臓のようなポンプ機能がありません。代わりに、リンパ管自体に、自発的に収縮するポンプ機能があり、この作用によってリンパ 液に流れが発生します。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です